ドイツサッカーリーグ ブンデスリーガとは

ドイツサッカー

日本のサッカーリーグ、Jリーグは多くのファンがいますがJリーグが始まるよりも昔からサッカーファンに人気でレベルの高いリーグがあります。それはドイツのブンデスリーガです。ブンデスリーガは1963年に創立した歴史的なリーグで、スペインのリーガエスパニョーラ、イングランドのプレミアリーグ、イタリアのセリエAと並び四大リーグとも呼ばれています。

サッカー

1991年までは東ドイツにDDRオーバーリーガという別のリーグもありましたが東西ドイツの統合によりリーグも一つになりました。これまでに最も優勝回数が多いのはミュンヘンに本拠地を置くバイエルン・ミュンヘンで27回の優勝を誇ります。2番目に多いFCニュルンベルクは9回,3番目に優勝回数の多いボルシア・ドルトムントは8回とバイエルン・ミュンヘンの強さが際立ちます。古くから日本人が活躍するリーグでもあり、Jリーグが発足するより以前の1977年に奥寺康彦が、1980年台には風間八宏や尾崎加寿夫など古くから多くの選手が活躍してきました。

2017年には8人の日本人選手が1部に、4人の日本人選手が2部に所属するなど現在も多くの選手がブンデスリーガで活躍しています。まとめるとブンデスリーガは世界の強豪リーグの中でも日本人が活躍しやすいリーグであるので今後どうなっていくかが楽しみでもあります。

ブンデスリーガのリーグを紹介

ブンデスリーガ

ドイツのブンデスリーガは全3部でおこなわれています。ですが、ドイツのサッカーではその下に4部と5部が存在しています。4部と5部はブンデスリーガの管轄ではなく、UEFAの管轄となっています。4部や5部では、プロチームだけでなく社会人チームも混ざって年間通して共に戦っているのが特徴的です。ブンデスリーガは1部と2部がそれぞれ18チーム、3部が20チームの計56チームが所属しています。

ブンデスリーガ

それぞれのリーグの昇格・降格条件をまとめて見ていきましょう。1部から2部への降格条件は、1部でシーズン終了後の順位が下位2チームとなってしまたクラブの2チームは確定で降格します。そして、1部で下から数えて3番目の順位のチームと2部の3位のチームがホームアンドアウエーでプレイオフを戦い、その勝者が次のシーズンを1部リーグで、敗者が2部でプレイすることになります。

また、2部から1部への昇格チームは、シーズン終了後の上位2チームと、3位のチームがプレイオフで1部のチームに勝つことができれば昇格できます。2部と3部の入れ替えも、1部と2部の入れ替え制度と同じルールとなっています。また、1部のチームで上位3チームはUEFAチャンピオンズリーグへの出場権を得ることができます。4位のチームは、CLプレイオフラウンドに進むことができます。

ドイツサッカー